幸田ジュニアソフトテニスクラブ

積極的な
 選手になってほしい。

幸田ジュニア
ソフトテニスクラブ

幸田町で小学生を対象に活動するソフトテニスクラブがある。
『幸田ジュニアソフトテニスクラブ』だ。

設立して10年ほどになるが、きっかけは、同町内で長く活動していた成人女性のソフトテニスクラブが、幸田町体育協会の要請を受けて、子供たちに指導を始めたことにさかのぼる。その流れもあって、指導者は現在もほとんどがボランティア。
レッスン代も、“参加費”としてひとり一回ごとに200円という設定になっている。

取材に訪れたこの日も、和やかな雰囲気の中、それぞれが練習をしていた。コーチと子供たちとの距離が非常に近いという印象を受けたが、互いの瞳は真剣だ。2年生から6年生まで幅広く所属している中で、低学年の子が負けじと懸命にボールを追っていく姿に感銘を受けた。

ゲーム形式で練習している様子を見ると、上級者はすでに変化球が打てるようで驚いた。聞けば、単純に試合で勝つより、自分なりに戦略を立てたプレイで勝つほうがうれしいのだそうだ。それぞれが技を磨き、さらに高みを目指していこうとしている姿勢が見てとれた。

乾コーチによると、年に4度行われる大会では、これまでの県大会止まりではなく、全国大会への出場を果たしたいという。
「プレイ自体だけではなく、わからないことを進んで聞き、チームメイトへのアドバイスも積極的に行えるような選手になってほしい」と、これからの展望が聞けた。

今の時代、ボランティアで子供たちにスポーツを教えてくれる人は多くはない。

大人の優しさに触れた子供たちがどのような成長を遂げるのか。楽しみでならない。

幸田ジュニアソフトテニスクラブ

幸田ジュニアソフトテニスクラブ




PAGE TOP