雷神

スポーツとして取り組むドッジボール

雷神

子ども会の活動としてドッジボールが盛んなみよし市。

毎年6月の大会で6年生は活動を終える。

そのため、「卒業までドッジボールを続けたい」という声が多くあった。

そこで、平成21年に小学生ドッジボールクラブ「雷神」を設立。

現在では、小学1年生から6年生までの男女30名で活動している。

 

元気いっぱいに活動している子供たちに話を聞いた。

「友達がやっていて楽しそうだったから始めました」とキッカケを話してくれたのは、5年生の沼田波流くん。

「ドッジボールの楽しいところは、狙った相手にボールを当てるところです」とキャプテンを務める6年生の長崎聖弥くんは、ドッジボールの魅力について話す。

5年生の大庭虎太郎くんは、「目標は、相手のボールをしっかりと受け止めて、試合にたくさん勝ちたい」と勝利への意欲を燃やしていた。

 

新実監督はチームについてこう話す。

「直近の目標は、ナゴヤドームで行われる『ドームドッジ大会』で優勝すること。ドッジボールというと“遊び”というイメージが強いですが、ここでは、スポーツという意識で取り組むことで、ルールを守ることや仲間を大切に思う気持ち、スポーツマンシップなどを身に付けてほしいと思っています。また、子供たちだけでなく、保護者の方たちにもドッジボールを通じて交流を深めていってほしいと思っています」。

 

“遊び”ではなく“スポーツ”として取り組むからこそ得られる経験がここにはある。

これからも、目標に向かって全力でドッジボールに打ち込んでいく。

雷神

雷神

web サポーター




PAGE TOP